[開発者ノート] 2022年6月の開発者ノート

皆様、こんにちは。 キングスレイドのPD Jinです。 1ヶ月余りの間、開発状況の説明がお伝えできず申し訳ございませんでした。 今回は以前ご案内させていただいた「章のノードマップ」の変更となったところをご紹介させていただきます。 キングスレイドクロニクル2では、クォリティーを上げつつも既存の雰囲気やキングスレイドだけのアート風を維持する為、たくさんの努力を尽くしております。「章のノードマップ」を通じてキングスレイドという世界をより深くお伝えできることを期待しております。 また、多くのユーザーの皆様から心配されているクロニクル2の日程についてもご案内させていただきます。 皆様のご心配の通り、現在開発の日程は少々遅れている状況です。今の段階では6月中のリリースは、難しいと判断しております。その間キングスレイド内の様々なバランス問題だけではなく、クライアントの安定性や最適化そして、今後のアップデートもより安定的で素早い対応ができるように内部システムの大幅修正を行っているため、やむを得ずリリース遅延という結果になりました。 お約束のリリース日程を守れず大変申し訳ございません。リリース日程が遅れた分、より高い完成度でお会いできるよう努めてまいります。リリースの日程に関してはもう少しの整備を行ってからまたご案内させていただきます。 次回のGMノートでは多くの方々が気になっていた新規クロニクル2の新しい主人公達をご紹介したいと思います。 開発が遅れてしまい、ユーザーの皆様のご期待に添えず誠に申し訳ございません。 尚且つお待していただいた多くの皆様に深く感謝申し上げます。 誠にありがとうございます。 Jin.

→ 계속 읽기

[開発者ノート] 2022年5月の開発者ノート

皆様、こんにちは。キングスレイドのPD Jinです。 今回の開発者ノートでは、クロニクル2のリソースの中、背景3Dマップリニューアルの進捗状況についてご案内いたします。 今までの2D背景では、カメラの回転や角度などに多くの制約がありました。そのため、2Dベースで製作されたマップではより華やかで素敵な雰囲気の表現が演出し難いでした。 キングスレイドクロニクル2ではすべての戦闘背景マップが2Dから3Dに変更されることで、戦闘ごとに様々な画面の調整ができるようになります。併せて、従来はライトの表現がなくゲーム全体的に意図した雰囲気を出すのに制約がありましたが、クロニクル2からはマップごとに全体光源効果を適用し、背景とキャラクターがより馴染むような演出を表現するのが可能になりました。 次回の開発者ノートでは章のノードマップ開発状況に関する情報をご紹介したいと思います。 最後に、以前ご案内した『専用宝物のスキル統合』に関しては既存の効果に準ずる価値を保存できる方向で今現在悩み続けております。 その方向性に関しましては、内容が整理され次第、改めてご案内させていただきます。 今後ともキングスレイドをよろしくお願いいたします。 Jin.

→ 계속 읽기

[開発者ノート] 2022年4月の開発者ノート

皆様、こんにちは。キングスレイドのPD Jinです。 今まで、クロニクル1のアップデート中止のお知らせから多くの心配と残念な思いをされたかと思います。少し時間がかかりそうですが、現在こつこつとクロニクル2の開発を進めています。もう少しお待ちいただければ、良いコンテンツでまたお会いできる思います。 クロニクル2では根本的に多くの変化が予定しておりますため、今後も開発中の様々な情報をご案内いたします。 今回の開発者ノートでは、クロニクル2の主な変更点のうち、2つについてご案内したいと思います。 [ 変更されるシステム ] 英雄の覚醒 / 超越の削除 1~5覚醒/超越システムは長期間サービスが続き、その意味が大きく薄れた状況になります。 現在はほとんどのユーザー様は成長財貨を十分に保有していますので、覚醒/超越から得られる成長の達成感は大きな意味がなく、むしろ5超越まで成長させることが面倒な要素になってしまったようです。また、1~5覚醒の成長度を基準に設計されていた序盤のバランスが星5英雄を配布することによって直ちに崩壊する現象が長く続き、新規ユーザー様がゲームを楽しむにはのっぺりして面白くない状態になりました。 覚醒および超越システム、そして英雄の殿堂コンテンツがすべて削除され、欠片・エッセンス、無限の石などの関連財貨もすべて削除される予定です。 今までは英雄を獲得しても5覚醒、5超越しなければ活用できなかったですが、これからは英雄そのもので十分に強力になると思います。 専用宝物、スキル特性、スキルの統合 クロニクル1を振り返って非常に残念だった部分は、専用宝物、超越特性、スキルがそれぞれ分離されていた部分でした。 専用宝物はスキルに対するアップグレードでありますが、スキル強化は1つのみ適用され、効果は全体で適用されていたため、効果が主となっていました。 超越特性にあるスキル成長要素もスキルとは分離されていて一目に把握することが難しいです。そのため、スキルと専用宝物、超越特性をスキル1つに統合することに決定しました。 統合されると上記で申し上げた通り、覚醒および超越が削除されることによって超越特性にあったキャラクターの攻撃力・防御力・HPに対する成長要素は削除されます。  新たなスキルUIは3つの要素をすべて含む方式に変更され、超越特性・専用宝物などは新しい統合スキルのポイントに置換されます。装備UIから専用宝物の装着スロットを削除し、英雄メニューで超越メニューも削除されます。 その他にも多くの変化がある予定ですが、少しずつ時間をおいて変化の方向についてご案内いたします。 [新たなキングスレイドのロゴ] 最後に、クロニクル2の情報のうち、新しく変わったロゴを公開いたします。…

→ 계속 읽기

[開発者ノート] 2022年3月の開発者ノート

皆様、こんにちは。キングスレイドのPD Jinです。 今日は、ユーザーの皆様が気になるような部分について、少し詳しくご案内いたします。 新しいタイトル まずは、シーズン2の名称についてお話したいと思います。キングスレイドシーズン2の正式名称は、キングスレイド:第二の年代記<副題:偉大なる帝国>に決定しました。第二の年代記の物語は、新しい主人公たちが12星座の真実と帝国の隠された裏面を暴いていく物語になる予定です。これからは、シーズン2という名称を、クロニクル2に変えてお話しします。 アップデート内容減少とイベントの中止 神罰のルーンアップデートを最後にスタジオの全ての力量を、クロニクル2に集中したいと思います。クロニクル2を準備すると同時に、クロニクル1の最終アップデートである「神罰のルーン」を並行することでスタジオ内でも多くの困難がありました。2月22日までに終わらせようとした神罰レイドの改編と神罰ルーン実装が3月末まで引きずることになり、スムーズに実装できなかった結果に私たちも惨めで心が重いです。「シーズン1からクロニクル2へと、サービスを繋げようとした欲が、かえってサービスに役立たないようで残念でなりません。 クロニクル2の準備に集中しているため、コスチューム発売も当分は延期になる予定です。新しい英雄たちとコスチュームでクロニクル2でお会いしましょう。 イベントについては、これまでのイベントがゲームの要素としてユーザーの皆様に楽しみを与えていないという判断から、クロニクル2できちんと準備しようという趣旨ですべて停止しました。また、Android OSのウェブビュー機能にバグがあった部分もイベントの中止を早めることに大きな影響を与えました。今後は、ウェブビューイベントを中止し、すべてのイベントをクライアントベースで動作させ、よりゲームの性格に深くなじむように企画してまいります。 ユーザーの皆様が何度も申し上げてきたアップデート内容の減少について、そしてクロニクル2の準備と現在のスタジオ状況について事前に詳しく説明することができず、スムーズに転換できなかった部分について私たちも非常に残念に思っております。 バランスの問題 バランスの問題は、クロニクル2で根本から解決する予定です。シーズン1のサービスを行う間、大小の英雄バランスの上方修正があり、魅力的な新規英雄が登場して新しいアイテムが公開されましたが、上向き一辺倒のバランスは結果的にハイパーインフレーションを生むようになり、ダメージ倍率が数百倍に達する状況になりました。現在100種類以上の英雄がいますが、活用されていない英雄が多くあり、装備の数値だけでなくダメージ量増加効果が幾重にもなっていて簡単な方法で現在のバランスを良い状態にすることは難しい状態です。 現在、英雄間のバランスが100倍以上広がっているため、英雄に対する下方修正を含め、広範囲なバランス修正が避けられないものと認識しています。ただ上向き式だけで修正することには明らかな限界があります。ダメージのインフレーションにより、ダメージの数値自体も非常に高くなりすぎて、ダメージの一発一発が持つ数値的な直感性もない状態だと判断しています。クラスバフ、ギルドバフ、アイテム、特性、遺物、ソウルウェポン、専用武器、専用宝物など、全般にわたってすべての項目を再検討する予定です。 結果的に、すべての英雄たちが似た性能を持たせ(意図的にNPC英雄はもう少し強くバランスする予定です。)、様々なタンカー、ディーラー、サポーターが起用され、ごく少数のキャラクター中心の偏ったパーティーが構成されることを防ぎ、キャラクターコレクションゲーム固有の様々な組み合わせの楽しさを作り出すことが、バランス調整の最大の目標です。数値的にもクロニクル2では最終的にヒールとダメージの数値が6桁の数字(999,999)内でコントロールされるようにすることが目標です。 数値に関する戦闘の枠を改めて整理し、英雄バランスに関するしっかりした基盤を作ってクロニクル2の新しい戦闘でご挨拶いたします。 最適化の問題 キングスレイドが2017年にはじめてリリースされ、それからゲームのエンジンや最適化部分に手をつけることができず、引き続きコンテンツを追加してきました。今は構造的な部分が積み重なり、問題がある状態です。 これに関して、クロニクル2ではエンジンのアップグレードとともに、最適化の多くの部分で大々的な構造改善を行う計画です。現在はフレーム改善及び安定性改善のために全体的な作業を行っております。 作業に関しては、素早く最適化作業が完了されましたら、クロニクル2がオープンする前にアップデートを行う予定です。それから、多少足りないと思いますが、PCバージョンも準備中です。エミュレータが多少不安定な部分がありまして、PC環境でゲームをプレイされる方にとって大変役立つと期待しております。私たちが内部でPC版をテストした時はかなり快適な状態だと思いましたが、ユーザーの皆様にも気に入っていただけたらと思います。…

→ 계속 읽기

[開発者ノート] 2022年1月開発者ノート

皆様、こんにちは。キングスレイドのPD Jinです。 以前、開発者ノートを通じて、シーズン2のコンテンツの方向性についていくつかお話したと思います。PvP、PvEの特定コンテンツを中心に、継続的な改善と補完作業を実施する予定であり、今回ご紹介するコンテンツの改善作業は、今までご案内した方向性の第一歩となるでしょう。 優先的に淘汰されたり、何らかの理由により利用率が下がったコンテンツを徐々に改善していく予定です。これとともに補強されるべき利便性も逃さずに改善し、現在開発中の内容についてご案内します。 ギルド戦の報酬改編 現在のギルド戦は、所要時間と努力に比べて報酬の価値が非常に低いと判断しました。10週間続くコンテンツの報酬に満足できず、参加への意志が失われ、結局、少数のギルドだけが参加する疎外されたコンテンツに転落してしまった状況です。近づいてくる2月の報酬改編作業を皮切りに、多くのユーザーの皆様に継続的にギルド戦に関心と楽しさを感じていただけるよう、根本的なシステム改善や追加的な楽しさの補強など多方面にわたり悩んでいきます。今後コンテンツ改善計画が策定される場合、ユーザーの皆様にご案内いたします。 [回次報酬改善] ギルド戦で攻撃成功時に50%確率で再研磨チケットを追加で獲得できるよう変更されます。ティアが高くなればなるほど、攻撃回数が増加するのがギルド戦の特徴でありますので、これについて追加の報酬を獲得できるチャンスを提供したいと思います。 [シーズンランキング報酬改善] チャレンジャー、ロイヤルマスターティアに価値のある報酬を追加し、すべてのティアのギルド戦の証の数量が2倍に上昇します。また、1~3位ギルドが所属しているサーバーにはギルド戦攻撃成功報酬である再研磨チケットの獲得率を増加してくれるバフが適用されます。また、ギルド戦に相応しい報酬を目標にユーザーに皆様の参加率の上昇を期待しております。 [ギルド戦ショップ改善] 全般的に商品を価格を下げて効率性を高め、無限の石、ランダム専用装備、遺物の欠片はリストから除去されます。また、魔導工学装備チケット、再研磨チケットを品目に追加し、様々な選択肢を提供しようと思います。 ギルド戦報酬改編は2月1回目のアップデートを目標に作業しており、3月はワールドボス、ビクトリー/オナーリーグコンテンツの改編を予定しております。3月を予定している作業内容は今後の開発者ノートを通じてご案内いたします。 利便性改善 2月1回目のアップデートでは利便性改善作業が行われます。 [超越特性ページ拡張] 各種コンテンツが追加され、様々なスキルセットが要求されるようになりましたが、超越特性ページが不足しているため、コンテンツごとに特性を設定しなおさなければならない不便さがありました。これに超越特性ページが最大6ページまで拡張されます。 [派遣戦闘チームレベルEXP獲得] 派遣戦闘によって多量のスタミナを消費してもチームレベルのEXPを獲得することができないため、チームレベルを上昇させるためには数時間、直接戦闘を行わなければならない非効率な部分がありました。勇者成長バフが追加されることにより、チームレベル上昇の目的性がさらに高まったため、派遣戦闘を通じてチームレベルEXPを獲得できるよう改善されます。 神罰レイド改編と神罰ルーン追加…

→ 계속 읽기

[開発者ノート] 2021年12月4回目開発者ノート

皆様、こんにちは。キングスレイドのPD Jinです。 以前ご案内したレイダーコンテンツの今後の計画についてお話したいと思います。レイダーコンテンツは大きく2つの悩みがありました。1つは戦闘に役に立つ刻印効果がゲーム内のほかのコンテンツとの連携性がないまま実装された部分。2つはコラボレーションで行われたLINEレイダーの限界性でした。 これに、以前ご案内した通り、レイダーハウスを含めレイダー関連のすべてのコンテンツを廃止する予定です。コンテンツが廃止される事前作業として1月11日アップデートを通じて優先的にレイダー関連の全商品の販売が中止となります。また、ギルド討伐戦やワールドボスなどで確率で獲得できたレイダー報酬も中止、レイダーハウスで提供された各種機能が非活性化、ユーザー様の保有しているレジェンドレイダー覚醒財貨、召喚チケットなどはレイダー廃止が行われる前まで使用できます。 その後、レイダーはペットに変更され、ペットは代表英雄管理タブで設定することができます。ペットは戦闘およびフィールドマップで英雄たちと同行しますが、戦闘に参加しません。(LINEレイダーはIP契約の制約により同行することができません。)ペットはレイダーコンテンツ廃止以降から、ゲーム内で獲得できなくなります。今後オークションが実装されましたらペットを購入できるのはオークションになる予定です。以前ご案内した限定コスチュームの方式と同様です。 刻印効果はアカウントレベルに結び付ける予定です。それぞれの刻印効果をレベルごとに適切に割り振り、ルビーを使用して徐々に覚醒させることができます。例えば、アカウントレベル30に到達すると該当レベルで開放できる刻印効果があり、これは以前のレイダー0覚醒状態の保有効果になります。これを追加で覚醒したい場合、ルビーを消費する方式になり、ルビーの消費量は以前レイダー召喚の期待値を策定して適用させる予定です。つまり、改善以降の刻印効果の覚醒費用は以前のレジェンドレイダー覚醒に消費された財貨/費用の消費値に近く維持されます。また、これ以上獲得できなくなったLINEレイダーの刻印効果もアカウントレベル後半から追加され獲得できるようになります。 既存のレイダーを保有していたユーザー様はアカウントレベルに関係なく、保有しているすべてのレイダーの刻印効果が開放されます。ただし、該当効果を覚醒するためには要求されるレベルまでアカウントレベルを上げる必要があります。 上記案内したレイダーコンテンツの改編は1月2回目のアップデートもしくは2月1回目アップデートを目標にして準備しており、これからも引き続き開発者ノートを通じてユーザーの皆様の気になる部分、分からない部分を解消できるよう毎日精進してまいります。 年末も暖かく幸せに過ごしてください。ありがとうございます。 Jin.

→ 계속 읽기

[開発者ノート] 2021年12月3回目開発者ノート

皆様、こんにちは。キングスレイドのPD Jinです。 今日は多くのユーザーの皆様が持続して要請していた内容と12月16日に掲載された開発者ノートについて、ユーザーの皆様からいただいたお言葉を確認し、その部分についても順番に回答したいと思います。 ギルド討伐戦ヴェルカザールのラグ/強制終了の改善 英雄コスチュームの不平等な発売 英雄のバランス調整 オークション 12星座の力 コスチュームとカスタマイズパーツの限定販売 シーズン1英雄たちの星2~4ビジュアル まず、上記の問題が長い間、解決されていないことについてお詫び申し上げます。問題改善のために、レンダリング負荷側面と戦闘ロジックの両方向へのチューニング作業を進めようと思います。なるべく正確に一度で修正を行いたいと思っておりますが、改善を続けながらユーザーの皆様にお話しさせていただきます。 まずは、最近のゲーム最適化過程の中に一つ技術的な問題を発見いたしました。早期にこの部分をアップデートしたいと思います。6月にギルド討伐戦中に強制終了が発生すると、戦闘が無効処理されるよう作業を行いましたが、追加で補完作業が必要な部分は認知しており、このような不便や理不尽な部分も速やかに反映したいと思います。ギルド討伐前コンテンツは登場してからかなりの時間が過ぎましたが、これまで報酬を除いては大きなアップデートがありませんでした。これまでの運営経験を基に、より素敵で面白い、新しいギルド討伐戦を準備しています。今後、計画が具体化しましたらお話させていただきます。 今まで長い間、コスチュームが実装されなかった英雄たちが多いことをよく知っています。できるだけこの問題について対応したいのですが、現在は英雄のバランスを優先しようと思います。 全体的にバランス調整を行っていくと、調整対象英雄のコスチュームが長い間追加されなかった場合、該当英雄のバランス調整と共にコスチュームを実装いたします。 そして、外形が好みではなくて人気が少なかった英雄に関してはレジェンドコスチュームの実装を検討する予定です。 以前の開発者ノートでお伝えいたしましたが、今後はOP(Overpowered(オーバーパワード))英雄は発売しない予定です。継続的なOP英雄の発売がゲーム戦闘システムを徐々に壊していると判断しています。結果的には、すべての英雄が似た性能と使用性を持つようにすることが目標です。コンテンツ別ではより良い英雄がいるかもしれませんが、すべてのコンテンツに全天候で最強の性能を持つ英雄はリリースしない計画です。 現在PVEコンテンツは少数の英雄のみが活用される傾向が高いです。私達はこの部分を優先して改善し、様々なディーラーが活用され、クラス別の役割がもう少し意味深くなり、結果的には全体のバランスが良くなることを願っています。決闘場でも今より幅広く英雄が活用されるよう調整していく予定です。 これに合わせて、各英雄のバランス調整ではなく、戦闘システムの修正を通じてバランスを取っていく予定です。英雄のナーフが必要ならそれは最後の手段となります。戦闘システムの修正については、次の開発者ノートを通じてもう少し詳しくお話しします。 オークションについてユーザーの皆様からの多くのご意見を確認しました。 セキュリティーについては問題が発生しないよう各種システムを構築してまいります。最近様々な技術が開発されております。機器認証やキングスレイド専用OTPを発行するなど、様々な方法で最善のソリューションを提供いたします。アイテム複製などについてもユーザーの皆様が不安を感じないよう、格別に安定敵な体系を構築してまいります。…

→ 계속 읽기

[開発者ノート] 2021年12月2回目開発者ノート

皆様、こんにちは。キングスレイドのPD Jinです。 今日は多くのユーザーの皆様が期待しているシーズン2についてお話したいと思います。 今までの開発者ノートは多くの部分を内部で決定された事項だけを案内しておりました。そのため、決定事項について案内後にユーザーの皆様のお言葉やご意見を拝見し、いただいた内容を反映し調整することが困難となっておりました。これからは現在の計画している内容の多くを皆様に共有し事前に皆様とコミュニケーションをとり調整できるようにしていきたいと思います。 キングスレイドは、2017年2月に韓国、アメリカなど12ヶ国、2017年9月にヨーロッパ、2018年3月に日本でリリースし、現在も多くのユーザー様にご愛顧をいただいております。心から感謝申し上げます。 これまでキングスレイドシーズン1のサービスをしながら、ユーザーの皆様がどの部分を好きでプレイしてくださり、どの部分に憤りを感じているのかを考え分析してみました。 大きな枠で見ると、ワールドボス、ギルド討伐戦、ビクトリーリーグ、オナーリーグ、シナリオ、キャラクターのストーリー、コスチュームなどはユーザーの方に愛されていたようですが、王室金庫(現在は地下監獄に移された)、地下監獄、地下迷宮、試練の塔、挑戦の塔など宿題のようになってしまった消耗性コンテンツは一定時期を過ぎると苦痛に感じたり、捨てられたコンテンツになってしまったようです。それから魔導工学装備が導入されて以降、T8装置をドロップするドラゴンレイドもまた意味が色あせたコンテンツになってしまいました。 まとめてみると、ゲームの根本とも言える「挑戦」の意味が残っているコンテンツは愛され続け、垂直成長の要素の追加とともに、単純財貨収集のために導入されたコンテンツは見捨てられるようになったように思います。こうした方向性をよく整備して、シーズン2を作っていこうと思います。 既存の計画ではシーズン2を2021年10月末頃にオープンしようとしていましたが、会社の事情によりかなり遅れている状況です。 現状で日程を算定すると来年6月頃オープンすると予想されます。シーズン2の最初の正規シーズンを7月1日から始めようと計画中であり、日程に支障がないよう最善を尽くします。 シーズン2のコンテンツ  シーズン2は大きい枠で次のような4つの軸で運営しようと思っています。 [PvE 競合コンテンツ] 個人間のスコア競争をするコンテンツ:[改編]ワールドボスのアップグレード ギルド間のスコア競争をするコンテンツ:[改編]ギルド討伐戦のアップグレード [PvE 挑戦コンテンツ] チャレンジレイド:[改編]持続して増加するギミックと難易度 神罰レイド:[改編]持続して増加するギミックと難易度…

→ 계속 읽기

[開発者ノート] 2021年12月開発者ノート

こんにちは、キングスレイドスタジオです。 レイダー改善アップデート以降、多くの勇者の皆様から様々な改善に関する意見が寄せられました。各種プラットフォームを通じてお伝えいただいた提案事項は、継続的に収集して検討しており、レイダーコンテンツの利用に不便を感じないよう、できるだけ早く改善してまいります。 それでは、12月開発者ノートを通じて予定している12月アップデート項目についてご案内します。 12月2回目のアップデートより、現在所持している四つ葉のクローバーを様々な報酬と交換できる交換所がオープンします。交換所を通じて英雄の成長に必要な様々な報酬と交換できます。詳細はイベントお知らせを通じてご案内いたします。この他にも、キングスレイドで温かい年末を過ごせるよう準備しているクリスマスグリーンノートを通じて、特別な報酬とともに勇者の皆様にお届けする予定となっておりますので、ご期待ください。 様々なミッションを遂行しながら、英雄を迅速かつ簡単に成長させられるスーパーパスイベントが12月に再びやってきます。今回のスーパーパスの主人公は魔王カーセル、堕落フレイ、反逆者クラウスで、段階ごとのミッション遂行して英雄獲得、レベル100/5超越状態で直ちに成長できるのはもちろん、魂石を含む英雄育成に必要な装備、財貨などを獲得できます。スーパーパスミッションでのみ獲得できる特別コスチュームも制作中です。10章とファイナル章からクラウスとカーセルの[放浪者]格好が公開されて以来、多くの勇者の皆様から発売を希望していただきましたので、送っていただいたご声援にお応えするためスーパーパスミッションから該当コスチューム3種を獲得できるよう準備いたしました。成長支援に加えて、特別コスチュームを獲得できるスーパーパスイベントを見逃さず参加しましょう。 キングスレイドのコスチュームに関心な勇者様なら、一度くらいは呪いが解けたミルルの姿、英雄の性別が変わった姿など、かなり興味深いコンセプトのコスチュームが発売されることを望んだことがあるでしょう。このような面白い想像を実現できるよう、12月2回目のアップデートで英雄のコンセプトを特別に変化させる「レジェンドコスチューム」発売を計画しています。レジェンドコスチュームは、「レジェンド」というテーマに相応しく通常のコスチュームとは異なり、装着した英雄の一部効果が増加し、スキルエフェクトはもちろん英雄モーションやボイスも新たに制作・録音されます。レジェンドコスチュームは継続的な発売を計画しており、12月にはジェーン、ルシキエル、マリアのコスチュームから公開されます。グレイ公国時代、素敵な少女の姿に戻ったジェーン。誰よりも強力で致命的な魅力をそのまま込めた、性別が変わったルシキエル、最後に聖なる光の聖女と呼ばれる前、小さな司祭時代のマリアまで…。このように多様なコンセプトで製作に没頭しており、レジェンドコスチュームが勇者の皆様に特別な楽しみをお届けできることを期待しています。 100年前に起きた魔族戦争で、裏切り者マルドゥクの計略によって地上に降りてきた魔王軍から侵攻された悲運のグレイ公国。魔王軍の侵攻を防ぐために戦線に立ったジェーンが、公国の公女だった時代に戻り、勇者の皆様と共にすることになります。魔王軍の侵略を防ぐために自分を犠牲にした彼女を覚えてください。 太初の五魔族の一人であり、グレイ公国に最も大きな被害を与え、ジェーン·グレイの命を奪った者。誰よりも強力な力を持った破壊の化身ルシキエルが致命的な魅力を込めたまま、女性の姿で戦場に出ます。女性になったルシキエルの強力な力を感じてみてください。 光の聖女と呼ばれ、カイルと共に魔王軍との戦いに挑む前、ルア教団の最も優れた光の司祭だったマリアの少女だった頃の姿が公開されます。彼女の聖なる姿と、彼女と共に過ごした聖竜オリカーナの強力な光の力に触れてみてください。 レジェンドコスチュームは既存の英雄のストーリーや設定を越え、勇者の皆様に新しい姿の英雄をお見せすることを目標に様々なアイデアを準備し制作に取り組んでいます。キングスレイドで初めて試みるコンテンツであるだけに、勇者の皆様の多様なご意見とご感想に耳を傾け、さらに素敵でユニークな姿の英雄をお見せできるよう最善を尽くします。レジェンドコスチュームに多くの関心をお願い致します。 上記説明いたしましたレジェンドコスチューム装着時の効果はコスチューム装着時のみ適用されますので、既存英雄のボイス(声優)が変更されることではないことをご参考ください。 レジェンドコスチュームに関しまして、今後どの英雄に実装されるかが勇者の皆様が最も気にされるところだと思います。そこで1月のレジェンドコスチュームの実装を予定している英雄のヒント画像を用意しました。 どんなレジェンドコスチュームが実装されるかについても想像を膨らませていただけると嬉しくおもいます。 12月アップデートを予定していた一部アップデート項目に関する調整事項をご案内します。 レイダー同行効果を高める「星の宝石」追加、新規レジェンドレイダーの登場によってスペック上昇拡張に負担と不安の意見を確認できました。勇者の皆様から頂いた貴重な意見を参考にし、予告していたスペック上昇要素ではなく、日程を改めて既存のレイダーコンテンツの改善に集中してまいります。 従来の単純ストーリーダンジョンだけが追加される形はやや単調で、アップデートコンテンツとの連携が不足している部分がありました。そこで、特定コンテンツとの連携性、より高いクオリティのシナリオ、演出補完作業を準備しており、完成した姿に再構成されるストーリーダンジョンは、来年1月から1部と2部に分けてアップデートされる予定です。英雄たちの新しい物語を期待していた勇者の皆様にお詫び申し上げ、より完成したコンテンツを提供できるよう最善を尽くします。 2次のクリスマスコスチュームの実装を待ってくださった勇者の皆様に残念なお知らせをお伝えすることになり心がとても重いです。最初12月のアップデート計画を策定する過程で、従来の一般コスチュームとレジェンドコスチューム、灰色コスチュームの発売を通じて、年末に楽しみを盛り込もうとしましたが、想定していたコンテンツの制作過程がスムーズにいかず、やむを得ず12月に発売する予定だったクリスマスコスチュームの数量を調整することになりました。 12月の無料コスチューム投票でグローバル1~3位に選ばれたバランセ、アネット、ニクスのコスチュームが発売される予定であり、様々な英雄たちのコスチュームの発売を待ってくださった勇者の皆様に心よりお詫び申し上げます。 もう2021年も1ヶ月を切りました。2021年は熱烈な声援と関心の中、Ⅹ: The…

→ 계속 읽기

[開発者ノート] 2021年11月開発者ノート

こんにちは、キングスレイドスタジオです。 勇者の皆様から多くの関心をいただいていた、新規NPC英雄バランセが実装されました。 長い間、実装されることを願ってくださっていた英雄だけに、実装前後にバランセに関する愛情のこもった反応を感じることができました。また、バランセが万能サポーター英雄として実装されたため、強力な性能により明確な存在感を示し、相対的に活用度が低くなった英雄への心配も確認できました。 これについては、様々なチャンネルを通じて伝えてくださっている意見に基づき、持続的な英雄バランス調整を進め、できるだけ多くの英雄が様々なコンテンツで活躍できるよう努めます。 それでは11月の開発者ノートでは、掃討システム、レイダー改善など開発作業中のアップデート項目についてご案内します。  4年以上のサービスが続くにつれ、様々なコンテンツが追加されましたが、毎日、週間ごとに直接プレイしなければならないコンテンツで、勇者の皆様が多くの負担を感じていらっしゃると思います。11月の最初のアップデートでは、利便性改善に焦点を合わせ、王城地下迷宮、挑戦の塔、シャクメ、エクリプスのコンテンツを対象にした掃討システムが1次導入される予定です。掃討システムとは、既存にクリアした履歴があるダンジョンを、別途の戦闘をプレイすることなく即時に戦闘を完了し報酬を獲得できるシステムで、すでにクリアしたダンジョン/難易度であるが、再びクリアするのに多くの時間を要求するコンテンツを素早くクリアし、勇者様たちの疲労の緩和を目標にしています。第1次導入後に順次、コンテンツ別に掃討システムを導入する計画であり、掃討システムに関するより詳細な内容はパッチノートをご確認お願いします。勇者の皆様にプレイに対する満足感を提供するための改善作業に引き続き努め、1:1お問い合わせ、コミュニティを通じて伝えてくださる様々なご意見をもとに改善していけるよう最善を尽くします。 レイダーがアップデートされてからいつの間にか1年近く経ちますが、勇者様の期待とは異なりレイダーが感性的な要素を満たすことができませんでした。レイダーを保有するかどうかが戦闘にのみ影響を及ぼす状況で終わり、多様な方面への改善意見を持続的に伝えてくれました。開発者ノートでご案内した通り、11月の2回目のアップデートから大々的なレイダー改善作業が行われます。1次的には餌やり、孵化器システム改編によりレイダーハウスでの活動範囲を広げて感性的な側面を強化し、レイダーの獲得難易度を下げることを目標にしました。 [エサを与える]幸福度が満腹感に変わり、レイダーの満腹感の状態をもとに、新たなレイダー活動である探査活動ができるようになります。これによって様々な報酬を獲得することを期待し、探査以外にも様々な活動を追加していき、レイダーが多様な役割を遂行できるようにする計画です。  [孵化器]孵化器でレイダーの卵を直接管理して孵化させるよう改編されます。複数の孵化器を保有でき、卵は一定時間が経つと獲得できる構造となっています。レイダーの需給先を追加することで獲得難易度を下げ、直接卵を管理して孵化させる面白さを高めます。 来月12月にはレジェンド等級の星座レイダーが追加され、レイダーが英雄と同行して効果を与える同行システム、レイダーの同行効果を高める「星の宝石」をアップデートする計画です。関連作業が現在真っ最中なので、作業過程で変更になる可能性があるので、詳細は12月の開発者ノートを通じてご案内いたします。このように老朽化したレイダーコンテンツが漸進的な改善を通じて明確な存在感を現わし、勇者の皆様に楽しさを与えるコンテンツとして位置づけられる姿を期待してください。 以前、開発者ノートでキングスレイド2の英雄エモーション映像を公開して以来、勇者の皆様の多くの関心と声援をもう一度感じることができました。キングスレイド2のページでもキングスレイドのアップデート計画およびイベント、キングスレイド2の主な開発内容が公開されましたが、 その中でも本格的にキングスレイド2の物語が開かれる前に公開されるストーリーについて知りたいと思う勇者様のために、今回の開発者ノートを通じてエピソード別の主要場面とあらすじをもう少し公開したいと思います。 今回のストーリーはキングスレイドとキングスレイド2のストーリー、時点を繋いでいくことを中心にしており、同時にキングスレイドでできなかったストーリー、キングスレイド2開始前に伝えたいストーリーを扱っています。 キングスレイドの延長線であるストーリーでもあるだけに、メインシナリオの雰囲気と勇者の方々に馴染みのある演出を最大限に生かす方向に重点を置き、ファイナル章の余韻と今後始まる話の期待感を一緒に得られるように努力しました。 Episode 01. 帝国内部に吹いてくる変化と激動の風 レジスタンスが彼らを圧迫する帝国の動きに拍車をかけ、あちこちで帝国軍とレジスタンスの衝突が起こる。その渦に巻き込まれ、グレンウィスは自分の位置と限界を感じて挫折する。 Episode 02.…

→ 계속 읽기