[開発者の声] 12月2回目の開発者の声

こんにちは、勇者の皆さん!キングスレイドスタジオです。 勇者の皆様からのご意見について、12月2回目の開発者の声としてお伝えいたします。 予定されている英雄バランス調整、利便性およびコンテンツ改善に関する勇者様のご意見に対する回答とアップデートの方向性についてお話したいと思います。 ▌英雄バランス調整 近づく2021年1月1回目のアップデートにて、グレモリー、シア、アルテミアのバランス調整が行われる予定となります。以前行われたバランス調整とは異なり、対象の英雄が少ない理由が気になる方がいらっしゃると思います。なるべく多くの英雄のバランス調整を行っていく予定でしたが、対象英雄が多い分、多方面にわたりテストが必要となることから、戦闘中に予想外のことが追加で発見されたりすることがありました。このような要因により、消極的なバランス調整が行われたと思います。勇者の皆様に最大限満足してもらえるよう、もっとはっきりした方向や目的を持って英雄一人一人に集中したバランス調整を通じて勇者の皆様の期待と結果が提供できるよう努力してまいります。対象英雄のバランス調整方向は以下をご確認ください。 [グレモリー] 英雄‘グレモリー’の最初企画意図は、アサシンクラスでサポートができるディーラーでした。アサシンクラスなのに性能が期待に添わないことと共に特化されたコンテンツの不在により、活用先が少ないのが問題だと判断しました。解決策として、メインスキルの効率を多様に上昇させ、ディーラーのポジションとしての位置付けと共に様々なコンテンツで活躍できる英雄に改善する予定です。 [アルテミア] ‘アルテミア’の場合、範囲スキルを利用して多数の敵を制圧する英雄でした。高い段階のダンジョンが追加されることにつれ、モンスターの能力値も上昇することになり、多数の敵を対象に力を発揮することができないことを確認しました。最初企画意図通りにアルテミアの範囲スキルを強化させ、多数の敵を制圧するアルテミアのかつての姿を取り戻せるように改善する予定です。 [シア] 最後に‘シア’の場合、状況による様々なバフを通じて味方全体を支援するサポーターでありながら、状態異常の無効化を維持させられる魅力的な英雄でした。6月アップデートにて英雄‘堕落フレイ’が実装された以後、状態異常無効化についての固有さが消え、一度のバランス調整で全般的な下向が発生し、現在は淘汰された英雄と見ています。このような部分を改善するためには、基本的なセッティングが厳しくて使用しづらい部分を補完しながら、各種バフを同時に使用できるように改善する予定です。 以前開発者の声を通じて上方平準化についての勇者様の不信感を深く思い知ることができました。実装から長く経過した、そして使用先が不明な英雄たちが多いということは私たちも承知していることでもあるため、こつこつと既存英雄たちのバランス調整を通じて最大限にすべての勇者様が努力して育成した英雄を様々なコンテンツで活躍できる結果を出せることができるようにいたします。 ▌利便性およびコンテンツ改善 ひとまず、11月開発者の声を通じて‘魂石出現確率増加’、‘月間ログインボードのリニューアル’などについての反映計画をご案内いたしましたが、アップデートの準備と改善作業を同時に進める過程で、勇者様と約束した日程よりゲーム内の適用が遅くなってしまいました。勇者様との約束を守ることができなかったことや反映されなかったことについて明確な計画を案内出来なかったことに対して深くお詫び申し上げます。 ‘魂鑑定の魂石出現確率増加’作業は、2021年1月2回目のアップデートを目標として準備しております。ただし、確率の上昇についての体感は勇者様によって違う部分もありますので、ご了承ください。ソウルウェポンコンテンツについて最大限に満足してもらえるような方向に持続的に改善してまいります。 月刊ログインボードの場合は報酬だけではなく、システムの改変も悩んでいるため、多方面の検討およびテスト期間の確保が必要となり、ゲーム内の反映が多少遅くなると予想しております。勇者様の期待を裏切らないようになるべく早めに反映できるように努力してまいります。 また、ゲーム内の変化速度に合わないコンテンツを綿密に探して改善していく予定です。その中、優先的にワールドボス、ギルドコンテンツの改善を内部的に論議中となり、2021年1四半期内に反映することを目標として作業する予定です。 既存提供された部分をどうのように処理するか、どの変更点を通じてより楽しみを提供することができるかについての悩みとアップデートを準備する過程で少しずつ日程が遅延される部分について再度お詫び申し上げます。各種プレイデータとコミュニティ動向を基盤として、改善が必要な部分は逃さないで解決する姿を見せていただきます。 ▌クライアントの安定化 現在までも持続的に確認できるクライアント不安定現象について深刻性を認知しており、安定的な環境を提供することができるように各種ラグ/フリーズ/クラッシュ現象と特定コンテンツでの非正常な戦闘終了現象を解決するための作業を行っておりますが、改善を体感していただくことができていない状況について、大変申し訳なく思っております。不安定な環境でのプレイにより不便を感じさせてしまい、楽しさが半減しないよう、もっと努力し、改善できるようにいたします。該当部分は長い宿題でもありながら、教務で終わらせるべきの宿題だと常に思っております。もう少し改善までお待ちいただけますようをお願い申し上げます。持続的に改善できる姿を見せていただきます。…

Continue Reading →

[開発者の声] 12月の開発者の声

こんにちは、勇者の皆さん!キングスレイドスタジオです。 勇者の皆様からのご意見と、内部で準備中の12月の開発者の声をお伝えします。 今回の開発者の声では、勇者の皆様からのご意見に対する回答の前に、現在事前登録が行われているレイダーアップデートについて、ご案内をさせていただきます。関連案内の後、勇者の皆様のご意見に対する返答とアップデートの方向性についてお話したいと思います。 ▌レイダーシステムキングスレイドを代表するボスモンスターを含む様々なモンスターが可愛いSDの形に変わり、「レイダー」という名前で12月最初のアップデートを通じて勇者の皆様と共にすることになりました。召喚、合成、孵卵器によって各レイダーを初めて獲得すると、レイダー固有の能力値がすべての英雄に刻印されます。固有能力値は等級別に固定されており、レジェンド等級以上のレイダーは、覚醒度によって固有能力値の数値が増加します。 英雄とは違い、[レイダーハウス]という独立した空間を通じて勇者様と相互作用をし、レイダーを配置する場合、AIによって自由に動き、状況に合わせた動作を演出します。この他にも、ジュークボックスを通じてハウスでキングスレイドのOSTを聞くことができ、撮影モードで自分のレイダーを撮影することもできます。該当システムを準備しながら最優先に考えたのが「感受性」ですので、感性的な活動ができる空間を提供しようとしました。 今のシステムだけではレイダーとの交流が限定的だと感じられるでしょう。アップデート後、持続的なモニタリングを通じて改善/追加作業で、レイダーが堂々と冒険のパートナーとして位置づけられるよう最善を尽くします。また、LINE FRIENDSのキャラクターもレイダーでご覧いただけますので、ご期待ください。 ▌英雄バランス調整以前、11月に英雄バランス調整が行われましたが、思ったのとは異なる結果に疑問を抱いたと思います。そこで、12月の最初のアップデートを通じて、フレイ、ネラクシス、ピルロップ、マリア、ダカーリスを対象にバランス調整が行われる予定です。ただし、勇者の皆様も懸念されているように間違った方向へバランスが調整されると、愛情を注いで熱心に育てた英雄が上方修正され良い場合もある反面、一方では私の英雄が引き立たなくなり、大きく剥奪感を感じる場合もありますので、最大限上方平準化方式で慎重に接近している点、ご了承ください。 また、キングスレイドスタジオでも様々なコミュニティの動向を集めながらパンシローネ、ローレイン、堕落フレイなど、いくつかの英雄の下方の建議を確認していますが、すでに多くの勇者様が育成された、育成をしている英雄ですので下方修正になった場合、前述のような危険要素が作用すると判断されます。 これに言及された英雄たちのように、他の英雄の性能を向上させ愛情で育てるという言葉が、これ以上無駄にならないように、最大限多くの方々が満足できる方向に漸進的な調整を進める予定です。 バランス作業が遅くなった場合、一所懸命育てた英雄のアイテムを、つかの間でも、他の英雄に活用できるよう、数回配布された専用装備「覚醒転移チケット」に続き、「ソウルウェポン転移チケット」を開発する計画です。ただし、こうしたアイテムの需要が伸びないよう、根本的なバランス問題を解決していきます。 ▌利便性改善 前回、開発者の声でご案内したエーテル強化費用の調整及び計画中の利便性改善についてお話します。 まず、12月の最初のアップデートで、「エーテル強化費用の調整」が行われます。エーテル強化に必要なゴールド量を減少させ、財貨需給に対する負担を減らしたいと思います。また、[記憶の断片]の秘密ダンジョンの入場回数を減らし、クリアに必要な時間を大幅に短縮させようとしており、追加で[魔王軍レイド]の難易度を下げてより容易な装備の需給ができるように改善する予定です。 また、12月2回目のアップデートにて反映させることを目標に、[バランセ工房]>[魔導制作]を行う際に追加スキルを選択できる機能を追加する計画です。当初は12月初めの反映を目標としておりましたが、作業日程上、多少遅くなった点、深くお詫び申し上げます。魔導工学装備を獲得するために数多くの戦闘を行っていますが、望みの追加スキルを獲得することができず、装備の集めの喜びよりは剥奪感と疲労度が益々高まっていく部分の解消のために今後も持続的に努力を傾けていきます。 ▌コンテンツ改善 ギルドコンテンツに対する建議事項を持続的に確認することができました。長い間改善と改編を実施できなかったコンテンツを熱心にご利用いただいたことに対する感謝の気持ちと共に、申し訳ない気持ちでいっぱいです。まずはギルド討伐戦から少しずつ改善を進めたいと思います。 12月の最初のアップデートを通じてヴェルカザールの新規遺物1種を追加する予定であり、当該遺物の効果は以下のスクリーンショットのようにPvEに特化するよう作業を行いました。そしてギルド間の競争が少しは明確になることを望み、ヴェルカザールHPも増加します。増加したHP分だけ、累積ダメージ量を通じたギルド間競争に意味づけられると思います。 [新規ヴェルカザール遺物] ※ 当該スクリーンショットは開発サーバーで撮影され、作業過程で公開されたスクリーンショットとは異なる場合があります。 また、ギルド討伐戦に参加するだけでもヴェルカザール遺物が容易に獲得できるよう、「ヴェルカザール遺物欠片」の需給量を全般的に増加させる作業も同時に行われます。ゲームにおける報酬全体について、内部でも悩んでおり、最大限満足していただける方向で改善させてまいります。 ▌クライアント安定化以前、開発者の声でお話ししたデバイスプリセットのラグの改善と共に、毎回お話するクライアントの重さと安定性、そして持続的にアプリ容量が大きくなる部分は、今後も改善が予定されています。安定化作業を急務にキングスレイドスタジオ全体が没頭しており、作業が進み次第すぐにご案内できるようにいたします。また、以前から頻繁に発生しているエクリプス戦闘不可現象についても、綿密に確認を進めています。大変ご不便をおかけしております中、申し訳ございませんが、改善までもうしばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。より安定したゲーム環境が整うよう、最善を尽くしてまいります。短時間に多くの変化をお見せすることができず、申し訳ございません。多年のサービスによる多くのリソースやデータを一度に変更した場合、サービス全体に大きな影響が出てしまう可能性がある部分となりますため、もう少し勇者の皆様のご理解をお願いしつつ、引き続き、発展していくキングスレイドを見守っていただければと思います。文章を仕上げるに先立ち、11月に開発者の声でご案内した項目のうち、まだ反映されていない内訳について、早期に勇者の皆様に提供できる方法を模索していますが、アップデート準備と改善作業を一緒に行う過程で十分な時間の確保が必要となりました。作業が遅れたことを心よりお詫び申し上げ、できるだけ早く多くの勇者の皆様に満足していただけるよう、最善を尽くしてまいります。…

Continue Reading →

[開発者の声] 11月の開発者の声

こんにちは、勇者の皆さん!キングスレイドスタジオです。 10月の開発者の声が掲示された後、勇者の皆様から頂いたすべての書き込みを細かくチェックし、「今回は口だけで終わらないことを願う」という言葉を深く刻み込みました。継続的に勇者の皆様のフィードバックを見ながらアップデートの方向性を定めていくことを約束し、11月の開発者の声をお伝えいたします。今回の開発者の声では勇者の皆様から頂いたご意見の中で、以下の3つの項目に対する回答とアップデートの方向性についてお話したいと思います。  1. 英雄バランスの調整が持続的に行われていない。2. 魔導工学装備の収集難易度が高すぎる。3. クライアントが重く、ラグが酷い。 ▌英雄バランスの調整が持続的に行われていない。「天空の試練で使用できる英雄の選択肢がとても狭い」、「近接ディーラーが不利益を受けることが全体的に多い」、「旧英雄はだんだん新規英雄に比べて居場所がなくなっているにもかかわらず放置されている」など、多くのご意見を伝えてくださいました。これは以前から持続的にご意見を通じて確認した内容ですが、改善が遅々として進まなかった点、お詫び申し上げます。要点から申し上げますと、現在11月10日(火)アップデートにおいて、16人の英雄バランス調整を準備しております。今回、バランス調整を行うことも重要な内容になりますが、継続的に声を伝えることが最も重要だと考えています。このような勇者様との約束も初めてではありませんので、多くの叱咤の言葉を下さると思います。この点は結果でお見せしながら、信頼を持てるように努力することだけが答えだと分かっているので持続的にバランスに気を使う姿をお見せするようにします。▌ 魔導工学装備の収集難易度が高すぎる。魔導工学装備アップデート直後には私たちが企画したコンセプトがあり、もう少し状況を見ていなければならないと思いました。地表上で魔導王国レイドをプレイする勇者の皆様が増えていることは確認していますが、装備収集の疲労もやはり増加されましたので、勇者の皆様が負担を感じていらっしゃるということを理解し、共感しています。そのため、過剰なランダム性を減らす形で装備収集難易度を下げる方向を模索しています。これをすぐに改善してゲームに反映すると良いのですが、私どもができる最も早いアップデート日にこれを反映するにしても、皆様が期待する日程に合わせられない点、予めお詫び申し上げます。現在、改善反映目標日は12月初旬です。 ▌ クライアントが重く、ラグが酷い。この部分については大きく2つの問題があります。まず、メモリの増加については継続的にメモリ漏れ現象を取り続けています。11月3日と17日に2回のアップデートを通じて、新しいビルドを提供しクライアントの構造を改善します。なお、低仕様と推奨仕様のリソースを分離する作業などを通じて、より安定的なプレイ環境を作っていこうと考えています。 しかし、この他にも答えを探すべき部分は戦闘のラグに関する部分です。 現在、戦闘中に起こる演算が多すぎて、ラグが発生したり発熱が激しくなっています。その原因は、勇者の皆様にダイナミックなプレイを支援するために、以前よりも多彩な戦闘方式を持つ英雄を実装することで、戦闘の演算過程が複雑になり、これを処理する過程が増えたためです。 この問題をどうやって解けばいいか絶えず悩んで努力しています。現在は複雑になっている戦闘方法を軽量化できる方法を見つけようと模索中です。 そのため、軽量化された環境で戦闘検証を終えるには少し時間がかかりそうです。この問題も解決できるように最善を尽くします。 その他、寄せられたご意見の中で、12月初めまでに予定している事項は以下の通りです。 ア。月間ログインボードのリニューアルイ。 一部レイドのゴールド量増加ウ。 エーテル強化費用調整エ。 魂鑑定にて魂石出現確率増加 また、私たちも進めたいと思っていますが、実現可能性を打診している事項は以下の通りです。 A. 貪食者シャクメ&レイドの超高速戦闘機能または派遣機能追加B. 装備プリセットのラグ改善…

Continue Reading →

[開発者の声] 10月の開発者の声

こんにちは、勇者の皆さん!初めてご挨拶いたします。 キングスレイドスタジオです。  これまで開発者ノートや開発発表映像などを通じてキングスレイドの話を勇者の皆様にお見せしてきましたが、今までの方法では準備したもの以外の話は伝えることができず、勇者の皆様のご意見に対するスピーディーなフィードバックが難しかったです。これを補完して勇者の皆様と直接コミュニケーションするためにキングスレイドスタジオから挨拶することになりました。もっと親和的で多様な方法でコミュニケーションするために今までユーザー様と呼んでいた呼称も「勇者様」に変更しようと思います。 これから、私たちはキングスレイドスタジオという名前でキングスレイドの話をお伝えし、勇者の皆様からのご意見に対するお返事をする方式で、1~2ヶ月に一度、勇者の皆様をお伺いすることを計画しています。 今回は、これまでの悩みと今後の方向性についてお話する時間を持ちたいと思います。初めてサービスを始めた時から私どもの課題は1つ、勇者の皆様が楽しくプレイできるキングスレイドを作ることでした。そのために現在最も急いで解決されるべき部分は次のように考えています。 1. ゲームの変化速度に対し、財貨の提供がついていけていない部分2. キングスレイドを楽しむ主体は勇者の皆様ですが、十分なコミュニケーションができず、勇者の皆様が望む方向にアップデートできていない部分3. クライアントの容量が大きすぎて、メモリの使用が大きい部分 問題を把握しているのに、どうして対応しないのかと叱咤されることもあります。 私たちも最初に約束した時は、努力すれば早く解決できると思っていました。 私どもが見逃した事実は、キングスレイドは足りない部分を補っていくと同時に、新規アップデートも持続的に行わなければならないということ、そしてこれまで開発してきた多くのものがすでにゲームの中に溜まっているということでした。 これまでの約束を守るために努力し続けているが、勇者の皆様はもちろん、私たちも満足できる結果をお見せすることができない。それゆえ、コミュニケーションすることすら申し訳ないと思いました。結果として勇者の皆様の気持ちを十分に察することができなかったため、多くの叱咤を受けたようです。そのため、準備過程に対するコミュニケーションを増やすことから、変化を始めようと思います。 最近のコミュニティーを見ると、塩運営、あるいはクライアントがだんだん重くなると話してくれています。それで、どこから話せばいいのか悩んだ末、現在の状況からお話いたします。 先に申し上げた通りゲームが長くなっただけに、様々なコンテンツが持続的に積もってきており、それらが複雑に絡み合っているため、どこから手を出せば、また、どのようなバタフライ効果が発生するかを判断することが難しかったです。 また、現在ライブ中の状態で、下手に触れては現在よりもよくない結果が出るのではないかという懸念があり、慎重に着手しようとしたため、対応に時間が掛かってしまっています。これからは多少問題が生じても、じっとしていることよりも素早く動いてみようと、大きく三つの部分から着手してみようと思います。 1. 初期から継続していたコンテンツから支給されていた補償の量を現在の状況に合わせて調整2. 初期クライアントの構造を維持しながら改善するのではなく、より早く目標地点に到達できる方法を模索3. 持続的なコミュニケーションを開始 素早く行動しようという基調の一環として、魔導王国レイドアップデート直後、勇者の皆様からのフィードバックで慎重に該当ダンジョンの難易度を一部下げ、報酬量を上げました。 9月22日(火)アップデートにより、スタミナポーションの全体的な需給量も増加させました。 そしてこれからは10月中旬以内に地下監獄、試練の塔、ビクトリーリーグ、オナーリーグ、王城地下迷宮、ワールドボスの報酬を上方修正、11月中旬までにもう一度ソウルウェポンに関する報酬と魔道王国レイドの報酬の上方修正を綿密に検討しています。 また、アップデートを重ねるにつれ、ゲームが要求する機器の仕様がだんだん高くなる部分を補うために、現在のパッチダウンロードシステムとクライアント容量、メモリ使用量なども、11月中旬までにもう一度改善しようと思っています。 勇者の皆様にゲーム内で楽しめるものを絶えず提供しながら、溜まっている宿題を解決することは決して簡単ではありませんが、これ以上先延ばしにせず少しずつ変化する姿を地道にお見せしたいと思います。 コミュニケーションも一つの文章で終わらずに、勇者の皆様の考えを聞くために周期的に私たちの考えを申し上げる文を書こうと思います。全てのご意見に一つ一つお答えすることはできませんが、必ず全て確認してゲームのアップデート方向を定めます。 そして、それらを次の文に盛り込みます。…

Continue Reading →