[開発者ノート] 2021年12月3回目開発者ノート

皆様、こんにちは。
キングスレイドのPD Jinです。

今日は多くのユーザーの皆様が持続して要請していた内容と12月16日に掲載された開発者ノートについて、ユーザーの皆様からいただいたお言葉を確認し、その部分についても順番に回答したいと思います。

  • ギルド討伐戦ヴェルカザールのラグ/強制終了の改善
  • 英雄コスチュームの不平等な発売
  • 英雄のバランス調整
  • オークション
  • 12星座の力
  • コスチュームとカスタマイズパーツの限定販売
  • シーズン1英雄たちの星2~4ビジュアル

1.ギルド討伐戦ヴェルカザールのラグ/強制終了の改善

まず、上記の問題が長い間、解決されていないことについてお詫び申し上げます。
問題改善のために、レンダリング負荷側面と戦闘ロジックの両方向へのチューニング作業を進めようと思います。なるべく正確に一度で修正を行いたいと思っておりますが、改善を続けながらユーザーの皆様にお話しさせていただきます。

まずは、最近のゲーム最適化過程の中に一つ技術的な問題を発見いたしました。早期にこの部分をアップデートしたいと思います。6月にギルド討伐戦中に強制終了が発生すると、戦闘が無効処理されるよう作業を行いましたが、追加で補完作業が必要な部分は認知しており、このような不便や理不尽な部分も速やかに反映したいと思います。
ギルド討伐前コンテンツは登場してからかなりの時間が過ぎましたが、これまで報酬を除いては大きなアップデートがありませんでした。これまでの運営経験を基に、より素敵で面白い、新しいギルド討伐戦を準備しています。今後、計画が具体化しましたらお話させていただきます。

2.英雄コスチュームの不平等な発売

今まで長い間、コスチュームが実装されなかった英雄たちが多いことをよく知っています。できるだけこの問題について対応したいのですが、現在は英雄のバランスを優先しようと思います。

全体的にバランス調整を行っていくと、調整対象英雄のコスチュームが長い間追加されなかった場合、該当英雄のバランス調整と共にコスチュームを実装いたします。

そして、外形が好みではなくて人気が少なかった英雄に関してはレジェンドコスチュームの実装を検討する予定です。

3.英雄のバランス調整

以前の開発者ノートでお伝えいたしましたが、今後はOP(Overpowered(オーバーパワード))英雄は発売しない予定です。継続的なOP英雄の発売がゲーム戦闘システムを徐々に壊していると判断しています。結果的には、すべての英雄が似た性能と使用性を持つようにすることが目標です。コンテンツ別ではより良い英雄がいるかもしれませんが、すべてのコンテンツに全天候で最強の性能を持つ英雄はリリースしない計画です。

現在PVEコンテンツは少数の英雄のみが活用される傾向が高いです。私達はこの部分を優先して改善し、様々なディーラーが活用され、クラス別の役割がもう少し意味深くなり、結果的には全体のバランスが良くなることを願っています。決闘場でも今より幅広く英雄が活用されるよう調整していく予定です。

これに合わせて、各英雄のバランス調整ではなく、戦闘システムの修正を通じてバランスを取っていく予定です。
英雄のナーフが必要ならそれは最後の手段となります。戦闘システムの修正については、次の開発者ノートを通じてもう少し詳しくお話しします。

4.オークション

オークションについてユーザーの皆様からの多くのご意見を確認しました。

セキュリティーについては問題が発生しないよう各種システムを構築してまいります。最近様々な技術が開発されております。機器認証やキングスレイド専用OTPを発行するなど、様々な方法で最善のソリューションを提供いたします。アイテム複製などについてもユーザーの皆様が不安を感じないよう、格別に安定敵な体系を構築してまいります。


ユーザーの皆さんが心配されている最も難しい問題は、RMT問題だと思います。RMTということを完璧に防ぐことはできません。ただし、いくつかの制御装置を置こうとしています。現在、様々なゲームで使用されている制御装置があります。ある部分は我々のゲームには似合わないが、役に立つ部分は借用して、また我々だけのソリューションも探していくつもりです。

オークションが問題になるのは、販売者がゲームの財貨価値や経済システムを崩壊させる部分です。それで、主に販売者側に少し多くの制約が生じる予定であり、購入者の立場としては大して制約が多くはないと思います。

5.12星座の力

今まで益々と強い装備システムとOP英雄たちが導入されてきました。
今までのキングスレイドに益々と強い装備と英雄たちが実装され、徐々にゲームの楽しさと持続性が崩れていると判断しています。今後はこのような方向でコンテンツを追加するつもりはありません。

シーズン2に導入される「ソウルウェポン」に当たる12星座の力は、その使用性を従来のシーズン1の「ソウルウェポン」とは異なる形にする予定です。シーズン2ではあるコンテンツではソウルウェポンが強力に作動するでしょうが、あるコンテンツでは12星座の力がより強力に動作できるようにする計画です。 だからといって、12星座の力の性能がソウルウェポンより弱いという意味ではありません。ソウルウェポンとのバランスを取ろうとするのが意図です。我々がシーズン2で目標にしているのは数値的な強さではなく多様性です。

6.コスチュームとカスタマイズパーツの限定販売

コスチュームとカスタマイズパーツ(以下コスチュームといいます。)の販売数量は、個別に見て全ユーザー数に比べてさほど高くありません。デザインの問題もあると思いますが、英雄の保有状況が最も関連が深いと判断しています。我々が限定で供給しよとする数量は実際の販売数と同水準かやや多いと予想されています。そのため、初期供給数については十分な供給が行われることになります。また、供給数は購買数に比例して少しずつ変動的に決めていく予定です。
誰でもいつでも買えるコスチュームより、本当に望む人だけ獲得できるようにしてコスチュームが以前よりもっと大切な意味を持つようになることを願っています。だからといって、コスチュームをガチャの形で作って提供する計画はありません。従来のようにショップを通じて販売が行われます。

コスチュームはオークションを通じて取引価値を持つようになります。現実において古い服がクローゼットから放置される場合、中古取引で売ったり捨てたりするように、古いコスチュームを取引で販売する道が開かれるのです。コスチュームの数字が限られていなければ、いつでもオークションで販売する価格は、システムで販売する価格以下になるしかありません。しかし、販売量が制限されたコスチュームは、その希少性に対する価値が発生するにつれ、ユーザーの皆様が良い価格で取引できる道が開かれると考えています。ただし、コスチュームなどは唯一財貨に当たり、英雄のように一つのアカウントに同じコスチュームを1個以上保有することはできなくなるため、買占め売惜しみによる独占販売など市場撹乱はある程度防止できると判断しています。

7.シーズン1英雄たちの星2~4ビジュアル

現在シーズン1にある星2~4ビジュアルを持つ英雄たちはシーズン2でも別途で削除されずコスチュームの形で維持されます。

ユーザーの皆様に案内したい内容が多かったため、今日もかなり長い開発者ノートとなりました。皆様のご意見を持続的に確認してまいります。これまでサービスされていた公式コミュニティページと、最近オープンしたディスコードチャンネルを通じて、より多くのお話ができるようになることを期待しております。

ありがとうございます。
Merry Christmas!

Jin.

“[開発者ノート] 2021年12月3回目開発者ノート”에 관한 1개의 댓글

  1. レイダーの刻印効果に関して書かれていませんが、今現在も実装予定と考えてよろしいでしょうか?刻印効果を残すと新規プレイヤーは既存プレイヤーに絶対追い付かない格差が残るだけなので残すならビジュアル面だけにして下さい。